ヤマノヒツジ

文化に触れる旅と外あそび。

【太刀魚ジギング】クリスマスは船の上で

クリスマスイブの夜、街中のサンタはプレゼントの用意で忙しかった様です。

僕はというと仕事を終わらせ駆け込んだのは閉店間近の『キャスティング』
店内に鳴り響く”蛍の光”に急かされながらもメタルジグを大量購入。

夜通しタックルの準備に励み、そのまま寝ずに木更津へ。

人生初のジギングに行ってきました!

こんな竿もまともに扱えない初心者がいきなりジギングだなんてかなりハードルが高いですが、
釣りキチの友達に誘われ挑戦した次第です。

12月25日午前5時、まだ暗いうちからの集合。
ロッドとリールをレンタル。(初心者なのでもちろん持っていない) 受付を済ませ船乗り場へ移動。

慌ただしくも身支度を済ませ、午前6時には出船。

ベイトリールは初めて使う。太刀魚はベイトが主流らしい。

釣り場に移動している最中船長から使うジグは150gとのアナウンスが、

まずい

最高でも120gしかない。
しかも一個。 そして100gと80gはやたらある。

ネットで調べていた情報では80gを基準に60〜100gを用意しておけばいいとの事だったのに、、

隣の方に聞いてみたところ、時期やエリアによって使用するジグウエイトは違うらしい。
1人だけ軽いジグを使っていると潮の流されるスピードが違う為、他の人とオマツリ(糸が絡まる事)してしまい迷惑をかけてしまう。
結局友達に150gのジグを借り、昨日あんだけ買い込んだジグの数々はケースごとバックにしまうことに。

クリスマスの朝、釣り場に向けて爆進。寒い。

冷たい海風に耐えながら約30分。
ちょうど夜も明け、船が止まる。

『えー水深70、60〜50』

船長のアナウンスと同時にみんな一斉にジグを落とす。
僕もワンテンポ遅れて投入。

70mもラインを出したことがない為内心ビビりながらジグを底まで落とします。 オレンジ、青、緑と手元のラインの色が次々変わっていき、

着底。

と同時にロッドをあおります。

動画では簡単そうに見えたしゃくりもうまくできず。
隣の人、隣の隣の人、はたまた船の反対側の人にもオマツリし、船長に怒られながらも。

少し慣れ始めた頃に初ヒット!

竿をあまりあおらず、とにかく巻けとの船長の指示のもと、なんとか釣りあげました!

初の太刀魚。恐ろしい歯を持っている。

しかしその後はヒット無し。
午後2時頃まで頑張りましたが結局僕はこの一本のみ。
友達は6本釣りあげ、1番釣った人は20本。実力差を感じました。



なんとも優男な友達に3本の太刀魚を頂き帰宅。
昨日寝ていないので気力でなんとか太刀魚4本を捌ききり、早速一本刺身で頂きました。

コレがまた旨いこと旨いこと。 めちゃくちゃ脂のってます。

まな板におさまりません。気力で捌きます。

という事で、無事に初ジギングを終えました。

結果めちゃくちゃ楽しかったです。
初のジギングは世界が広がった感覚。

釣りはいいなぁ。



ちなみに太刀魚はそのあと、
炙って
しゃぶしゃぶして
唐揚げにして
蒲焼にして
ホイル焼きにしました。

まだ冷凍があるので、年末までに食い切れるかが勝負です。