ヤマノヒツジ

文化に触れる旅と外あそび。

お手軽に天空の世界へ。木曽駒ケ岳にスニーカーで日帰り登山 (前編)

今年のお盆休みの事、暇を持て余しすぎてふと、

登山したいなぁ

と思い立ち、即席で登山グッツをバックパックに仕込み、早朝3時から車を走らせ向かったのは木曽駒ケ岳!

ロクな装備も無いままに行きましたが、山頂の絶景を望むことが出来ました。

いざ。木曽駒ヶ岳弾丸登山

お盆休みということもあり、駐車場のある菅の台バスセンターに着いた頃にはすでにバスを待つ長蛇の列。

午前8時半に着いたんですが、もっとはやくくればよかった。
諏訪湖のパーキングでたこ焼き食ってる場合じゃなかった。ほんとに。

諏訪湖。初めてみた。しかし曇ってるなぁ

車でくる場合はこの菅の台バスセンターに車を止め、ここから専用シャトルバスでロープウェイ乗り場になるしらび平駅に移動。

ここから一気に標高2,612mの千畳敷カールまでひとっ飛び。
疲れず、時間をかけず、超お手軽に雲の上まで行ける。すごくないですか?

ちなみに僕はロープウェイに乗り込むまでしらび平原駅で1時間待ちました。
ほんと、お盆休みなめてました。

こいつで一気に天空へ。高低差が日本一らしいです。

蕎麦すすって時間を潰し、やっと千畳敷カールに到着しました。 ロープウェイ降りてすぐ絶景。これだけでも十分満足できるくらい美しい。

すごい......。が、やっぱり曇ってる。

あいにくの曇り空で若干の不安有りですが、いざ千畳敷カールを抜けた本日の目的地まで足を進めます。

最初は散歩道のような勾配の少ない道だったが、カール本体に差し掛かると道のりは一気に険しくなる。

坂、キツくなってきた。

振り返るとこんな感じ。こえぇ!

蛇行を繰り返しながら着実にカール頂上へと向かって登っていくと。

ついた!

ハイジ感のある風景。右に上がっていくと駒ヶ岳だ。

千畳敷を超えた乗越浄土という場所。
山小屋もあるのでひと休みしながら絶景を楽しむ。

周りをみると、ここで引き返して下る人。断崖絶壁の宝剣岳を目指す人。駒ヶ岳を目指す人で分かれるみたい。

僕は中岳を超えて駒ヶ岳を目指します! ちなみに乗超浄土から駒ヶ岳山頂までは片道1時間程度。

つづきます。