ヤマノヒツジ

文化に触れる旅と外あそび。

この夏はビール工場見学で大人の社会科見学をしてみるといいよ

f:id:mountaing:20180722001203j:plain

サッポロビールの工場見学に行ってきました。あまりに楽しかったので、感想まとめておきます。

サッポロビール園でワンコイン工場見学

サッポロビールの工場があるのは千葉県船橋市。工場見学は予約が必要だ。
ホームページから事前に予約して置くことをお忘れ無く。

JR津田沼駅や新習志野駅から無料送迎バスが出ているので利用しよう。

f:id:mountaing:20180722001302j:plain なんとも分かりやすい送迎バス。本数多く大体1時間ごとに出ている。

JR津田沼から20分ほどで到着。 サクッと受付をすませて、コインロッカーに荷物を預けてしまおう。
金額は大人1人500円。やっす!

見学自体は約50分間ほど、黒ラベルの由来、や自慢の麦芽などの面白い話しから、ビールの箱詰め作業まで見学できる。
迷路のように続く製造ラインや、ものすごいスピードで作業している機会を眺めるのは、なかなか楽しいものでした。 ちなみに工場内は一部を除き写真撮影OKとのこと。

f:id:mountaing:20180722001756j:plain 麦汁を発酵させるタンク。かっこいい。

お待ちかねのビールの試飲。美味しいビールが3杯飲める

さて、工場見学を終えると、お待ちかねのビール試飲タイムがある。

ここでは、サーバーから美味しく注がれたクリーミーなサッポロビール黒ラベルが楽しめる。しかも試飲は3杯までおかわり自由という太っ腹ぶり。
おつまみの豆菓子もついてるので、ビールもぐんぐん進みます。

f:id:mountaing:20180722005549j:plain サッポロ黒ラベル。美味しく注いでくれます。

更には、家でも美味しいサッポロビールが飲める三度注ぎもレクチャーしてもらえます。
その上、最後にはサッポロ黒ラベルのグラスまでもらえる。ほんと、至れり尽くせりです。

〆にジンギスカンを食べれば完璧。

ここサッポロビール園ではジンギスカンを楽しめるレストランも併設されている。

柔らかいラム肉に舌鼓を打ち、目の前に広がる海を眺めながら飲むビールは最高。 それに、すでに工場見学でビールを三杯飲んでいるので、2次会みたいな感覚で楽しめるのもいい。

f:id:mountaing:20180722010218j:plain ジンギスカン。ビールが止まらない。

たった500円で工場見学できる上、ビールも飲めておまけにグラスまで貰えるという最高のおもてなし。
本当に大満足できること間違い無いので、みなさん一度は行っといたほうがいいですよ。

ちなみに、最近やっていたアニメ『宇宙よりも遠い場所』でも登場している南極観測船しらせ(SHIRASE 5002)もこのビール工場の隣に停泊していて、敷地内から見ることができる。

f:id:mountaing:20180722010337j:plain 南極観測船SHIRASE 5002

しらせとビール工場見学がセットになっているツアーもあるので、興味がある人はそっちの方がお得かもしれません。土日祝日は結構すぐ予約で埋まってしまうので、早めの予約をオススメします。

千葉工場 | 工場見学とミュージアム | サッポロビール

サッポロ 黒ラベル 350ml×24本

サッポロ 黒ラベル 350ml×24本